嫁 不倫 制裁

嫁の不倫相手への制裁方法

嫁の不倫への制裁はgps情報だけでは証拠不十分で失敗に終わる。嫁の不倫が怪しい折りには、確固たるエビデンス握る。法的に認められる証拠勝ち取るまでは、姦淫に気付いているということを言わない方がいい。

 

ワイフは不倫をしているのかもと疑わしく思ったとき、総じてワイフのiPhoneを調査して、奸夫と如何わしいLINEのやり取りをしているか、旅行のアジェンダが記されていないかどうかチェックしますよね。

 

あるいは、妻が使っているポーチにGPSを入れておいたりして、行く先を注視することもしますよね。

 

でも、それでは裁判になった時に確定的な不貞の裏書きと判断されないということをお気づきでしょうか?。

 

こちらにとっては、上さんが浮気相手と軽率なLINEのやり取りをしていて、一緒に旅行に行きたいとか囁き合っていたら、そういうことは姦淫ですよね?。

 

ましてや、嫁さんの不義が疑わしいためにGPSで行く先を追尾しているその時間に位置がラブホで止まったら、腹ただしくなってしまいますよね。

 

しかしながら、法的には不貞行為をしていなければ、姦淫であると見なされません。

 

男とママが情交をしていて初めて、法的な観点から不義と宣告されます。

 

視点を変えて言えば、奥さんが密夫と性愛していないなら、不貞だと決めつけて怒ってしまうと、あなたの方が都合悪くなってしまう。

 

嫁の不倫相手に慰謝料要求して制裁

 

配偶者が不倫行為を行ったとき、奸夫へチャージ できる値段の平均的な価額は200万円前後ですけれども、弁護士の力を借りれば500万円から1千万円もの慰謝料を要求できることもあります。

 

不倫相手の銀行残高状況や、ロイヤーの交渉力に応じて価格は違いますが、嫁はんと密会をされて二百万円では少なすぎると怒りを覚えてしまう方は多いですよね。

 

密通の慰謝料接収 では、有力な裏付けが絶対に必要なので、ロイヤーの先生自身が探偵会社を監督している所もあり、そこの場合は高い価格の慰謝料徴用を行った業績がが多いので手慣れています。

 

適法な手段で高額な慰謝料徴発 をして、不義相手に懲らしめしたい方はこちらへ。

 

ママの密会が疑わしい折りの対処方法。

 

上さんの不貞が認識したときはおもいきり衝撃ですよね。